読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

創ることをやめたら

 創ることをやめたら、きっと私は楽になれる。
 美味しいものを食べて、楽しいことをして、知らない所へ出かけて。
 創ること以外に全力になれたら、私はきっと幸せになれる。
 でも、それが私でないことを、私は誰より知っている。
 好きから始まった日々。
 これが私の人生だ、そう言えるくらい、創ることと一緒に生きてきた。
 でもいつからか、そこに誰かがいてほしくなった。
 私の創ったそれを食べて。そう思うようになった。
 身勝手な心が愛されたいと願うように、私は次から次へと創っては、それが三つ星レストランの料理みたいに喜ばれるのを望んだ。
 私の知る誰もが、一つ星だってもらえないのに。
 夢を抱くことが、現代に生きる上で求められて。
 夢を叶えることが、現代に生きる上でもてはやされて。
 夢に刺されて、刺されて、刺されて、刺されて、刺されて。
 めった刺しの心は、「創ることをやめたら」なんて書いてみる。
 苦しいよ。
 夢を追う私の頸を、現実に生きる私が絞める。
 現実に生きようとする私の頸を、幼心を忘れない私が絞める。
 好きから始まったのに。
 好きから始まったのに。
 苦しいよ。苦しいよ苦しいよ苦しいよ。
 絞り出した言葉が、書き出すのは劣等感、敗北感。
 ねえ、こんな料理、美味しくないよね。
 食べてくれる人に申し訳なくて、私に顔向け出来なくて、心に正直なことも誇れない。
 才能とセンス。
 私には無いよ。
 苦しいよ。
 それなのに、この手は言葉を紡ぎ出すよ。
 私、創ることが好きだよ。
 今でも、好きだよ。
 大好きだよ。
 だから、創ることをやめたら、それは、仮定にしか出来ない。
 創ることをやめれない。
 私はこれからも苦しむ。

 

小説家になろうがアクセス超過でアクセス出来ないので、ここに残します。後で上げますが、この気持ちは、今誰かに伝わってほしいから。