「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

創るのが苦しくなった創作家に聞いて欲しい曲の話

どうも、藤夜アキです。

 

創作が好きとは言え、時々、心にもないことを言われて傷付いたり、自分の無力さを痛感して前に進めなくなったり、よくします。びっくりするくらいします。

 

そんな時、私は音楽や漫画に救われて前に進む力をもらうわけですが、今日もまた、すごい力をもらう曲に出会えました。

 

そしてぜひ、創作で行き詰まった人に、あるいは今は順調な人でも、いつか行き詰まってしまった時に聞いて欲しい曲なので紹介します。

 

歌詞は引用とかすると権利的にアレなので、曲の紹介だけになりますが、一部を切り取るのも変ですし、ぜひ一曲丸ごと聞いてみて欲しい。

 

f:id:Tohya_Aki:20170218125424p:image

UVERworldの"ALL ALONE"という曲です。

2016年のシングル、"WE ARE GO/ALL ALONE"に収録されています。

 

UVERworldは知名度のあまりに高いロックバンドですが、その言葉は、いつだって上を向く挑戦者の言葉です。時として、勝利者の言葉って、勝ったから言えるんだろ、って思うこと、あるじゃないですか。高い所から偉そうに、そんな風に、やさぐれた心には届かない。でも、UVERworldは違う。確かに彼らはすごく遠い所にいるはずなのに、すごく近いところで、凹んでんじゃねえぞ、諦めてんじゃねえぞ、そんな風に、励まして、力をくれます。

 

この歌は、決して創作をする人だけに向けた曲ではないですが、何かを創る人に意識が向いているような歌詞です。

 

心にもない言葉を向けてくる人、自分を認めてくれない人には、悲しいかな、たくさん出逢います。

でも、その人の言葉が大きく思えて、確かにいるはずの応援してくれる人たちのあたたかい言葉が見えにくくなる、それって、よく考えたら変な話です。

どうして自分を傷付ける言葉に、心の大部分を占めさせなければならないんでしょう。

いつだってポジティブ、それはちょっと難しいだろうけど。

支えてくれる人たちの言葉の方を大事に思うことは、きっと出来るはず。

 

私はすぐ凹みます。

凹みますけど、潰されたら、そんなに悲しいことは無いから。

この曲に励まされて、また前に進んでいく力を得られました。

そしてこれからも、凹みそうになった時には、この曲に力をもらいたいと思います。