「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

【創作】藤夜アキ創作アワード2017Early

こんにちは、そしてお久しぶりです、藤夜アキです。

大きなご連絡が一つあるのですが、それはまた後日にするとして、今回は2017年の上半期に小説家になろうに投稿した全107作品の内、私がオススメしたい10作品をランキング形式でご紹介します。たまには振り返らないと、ですね。

 

10位 彼女とピアノ

僕と彼女とピアノの詩。

ピアノが好きな私の2017年初頭の作品です。

ピアノ関連の作品はいくつか書いていますが、あの見た目、あの音は本当にそれに勝る楽器が無いと思います。

 

9位 偽愛サーキュレーション

愛の詩。

不毛な愛に踏み込んで、その虚しさを描きました。胸が痛みます。

 

8位 雪が溶ければ、君は行く

悲哀の愛の詩。片想いが破れる頃の。

四ヶ月ほど前ですが、それだけでもう書けないですね、今になると。

 

7位 ガーベラ

つい最近のですが、気に入り反面、微妙かも半分と言ったところなのでこの位置に。

前半が微妙で、後半は好きです。

特にそこで用いた表現が、とても。

 

6位 Retake

年月が人を変える、そんな過去の恋への残滓。

もう一度隣を歩いても、もう、違う。

そんな詩。

詰まっています。思いが。

 

5位 交差点

当時気に入っていても今はそうではない、そんなものもたくさんありましたが、これは今も気に入っています。悲しいのに、それが美しい。

 

4位 花々

このアワードを選ぶ際に暗すぎる作品を除外して考えていましたが、暗いにも関わらず美しさを見た作品です。

健気な暗さとでも言いましょうか。よく書いたね、私、と言ってあげたい。

 

3位 Lumière

光を捉えた詩です。

詩としての詩を考えた作品として、私の中では画期的な作品になりました。

定型詩はほとんど書かないので。

多くを語らないからこその多弁とは、いかに。

 

2位 あなたの隣にいるのが私である理由

1位と同じ理由で、そして1位に繋がるものとして。

上半期は暗い作品が多かった。そんな中で、ほんの少し見えた光。

そのなんと明るいことか。

たくさん書きましたが、2017年の上半期はこれが二番目です。

 

1位 Orange

2位と似ていますが、暗さのトンネルを少し抜けたような、そんな色が見えました。

タイトルがとてもお気に入りです。

こんな作品がいつも書けたら良いけれど、いつも書けないから良さがあるのでしょうね。

 

たくさん書いたのに、意外と10個も決められない感じで、うーん、と言ったところ。

本当に気に入ったものは滅多に出ないですね。

期間が空いてなさすぎるのもありますね。

当時の感覚がまだ生々しく蘇る。

書いた当時の好きがあって、しばらくするとそうだったかな、と飽きが来て、また好きに戻る。その過程で飽きが来ていた作品は除外されていることになります。

たとえば、

コーヒーカップ二つ

とか

夜を越える

とか

梅田トラジェディ

とか

リウセイアフター

は、今日でなければランクインしていたと思います。

好きですが、今日の気分では違う。そんな感じです。

夜ならまた違うとか、きっとあります。

きっと。

 

上半期だけでも、私の好みは大きく変わりました。

3月には歌絵師が一気に伸び、新しい読者層がついたのと相俟って、一時期死を見つめる作品が増えました。

ここ二ヶ月ほどはamazarashiを知ることで新たな世界が広がり、さらに距離を置いていた文学に少しずつ触れ直すようになって、世界の見え方がまた変わりつつあります。

目まぐるしく変わる私。

下半期はどんな作品が生まれるのか。

楽しみです。