読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

「歌い手カレシと絵師なカノジョ」百話突破記念! ダイジェストで振り返るこれまでのあらすじ!

「歌い手カレシと絵師なカノジョ」 創作

 こんばんは、藤夜アキです。

 「歌い手カレシと絵師なカノジョ」(http://ncode.syosetu.com/n6251ce/)も気が付けば100話を越えてしまったということで、ご新規さんウェルカム! と言いにくくなってきた感があるので、100話に上る「歌い手カレシと絵師なカノジョ」のこれまでのあらすじをざーーーっと振り返ってみようと思います。あらすじというかこの辺りはこんな話ですー、的な振り返りですね。

 

・第一話〜第二話 イントロダクション
 颯斗と夕葉、歌い手麗音と絵師しろもも。二人の正体は、同じ高校、同じクラスに在籍する高校生。二人は互いのもう一つの姿を知らぬまま、リアルでは諍い、ネットでは近付くことになる。その全てのはじまり。
・第三話 アルデンテP初登場
 パンドラ(アルデンテP)が名前だけの初登場。彼の作った曲を、麗音が歌ってみる、という話。
・第四話〜第六話 始まりの日常
 颯斗と夕葉がごたごたして、麗音としろももがわちゃわちゃする最初の辺り。平和。このノリは続かない(笑)
・第七話〜第二十話 レクリエーション編
 颯斗たちの高校の遠足。春文、敦、美陽の三人と合わせ、五人が交わる貴重な機会。三人の出番はこの後下降の一途を辿る。滅多に出て来なくなる。
・第二十一話〜第三十五話 コミギャ編
 同人即売会コミックギャザリングこと、コミギャでの話。ミシェル、虎太郎、蓮哉、海奈、恵実といった歌い手仲間が初登場。歌絵師の主要メンバーとしてこの後大量に姿を見せる。
・第三十六話〜第四十六話 姐御とバンド編
 姐御こと湊初登場。ボーカルが欠けた湊たちのバンドで、颯斗が代理を務めることに。その姿に、夕葉は思わずドキッとしてしまうシーンも。
・第四十七話〜第六十一話 変わる関係性編
 種々のストーリーの詰め合わせ。正直、まとめにくい。少しずつ進んでいく彼らの距離感。仲間とのやり取り。
・第六十二話〜第六十六話 不本意なカラオケ編
 湊たちとミシェル、虎太郎、颯斗という謎なメンバーでのカラオケの話。ぶっちゃけ要らない(笑)
・第六十七話〜第七十話 君との通話編

 二人、初めての通話。大きく一歩を踏み出した感じがする。
・第七十一話〜第九十二話 歌い手合宿編
 史上最も長く、反省点に満ちた歌い手たちの合宿物語。多分本編ですべきじゃないことまで詰め込みすぎたのが原因。茜が初登場。氷雨モミこと詩織もここで姿を現す。
・第九十三話〜第九十七話 『キヲク』作成編
 変わる関係性編で構想が見えたパンドラの新曲、『キヲク』を、麗音、しろももとが協同で作るストーリー。
・第九十八話〜 コミケ
 コミックロケーションことコミケのストーリー。ついに麗音としろももとが初対面……出来るのか!?

 こうして振り返ると、割と色々長いですね。むしろ、コミケ編が実は第百一話で終わる(予定だった)ので、大事そうに見えてそこまで長くないという変な感じになりました。百話目にキーとなる話を持ってこようとしたが故なんですが、はい、まあ大丈夫です。

 

こんな感じです(雑)。