「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

【創作】《短編》キスと呪い[5/23はキスの日]

「鞍冨、お前も好きな奴いんだろ?」
 って聞いた時には、それはもうドキッとして、胸がきゅうっとなったけど、その後すぐに中瀬君が「鞍冨は汐井。聞くまでもないだろ?」と尋ねると、私は聞いちゃいけない場所に居合わせてしまったと気付かされた。
「バ、バカ、そんなわけないだろ。俺が好きなのはもっと美人だ。寺澤とか、ああいう感じだな。あ、寺澤じゃないからな。あいつそもそも彼氏いるし」
 私からしたらとても軽いとは言えない死刑宣告。
 足元がなくなったような気持ちがして、それからどうやって無事に家に帰れたのか、何か奇跡でも起きたんじゃないかと思う。
 ずっと一緒にいて、誰より分かってあげてて、一番近くにいたはずなのに、篤毅の心には隙間があったみたいで、影も形も見えないその誰かに、私の好きな人の心は奪われてしまった。
 それはもう酷い感情に見舞われて、篤毅のために意識していたあれこれが全部ゆるゆるになって、気付いた時には男子的には完全なデブにまで陥った。
 いけないと分かってるのに、篤毅の振る舞いの全部がイライラして、おかげでやけ食いが止まらない。
 それを見て「文月は本当ゴリラだよな。何があったらそんな食えるんだよ」なんて暴言を吐くなんて。
 早々にフラれてしまえ、そう呪ってから、すぐに悲しくなる。
 どんなに辛くても、悲しくても、私は篤毅のことが愛おしい。
 幸せに笑っててほしい。

 神様は意地悪だ。
 人が夢を見るのは、神様がいるから。
 眠っている時だけならまだしも、夢みたいな光景を唐突に見せて、悩める人間が戸惑うのを見て楽しむんだ。
 もう恋心なんて捨ててしまおう、そう決めて、最初で最後のデートにしようとしたのに。
 どれだけ仕掛けても微動だにしない篤毅を見せられて、このまま家に帰ったら泣き疲れようと、ようやく心を固められた刹那――
 茜差す日の照らす列車の中に、私と篤毅、二人。
 誰もいない。
 慣れない列車の揺れのせいか、篤毅は眠っている。
 こんなの。
 酷いよ。
 最後の最後に、思い出を一つくれる、って。
 そういうことみたい。
 こんな奴なのに。
 こんな奴なのに、篤毅はかっこいいから。
 好きになったその人も、きっと篤毅を好きになるよ。
 そうしたらこの唇も、その人のもの。
 美人なんだよね。寺澤さんみたいなんだよね。
 それなら私、敵うわけないよ。
 だからかな。
 許された、一度限りのキス。
 でも、それは篤毅の記憶には、刻まれない。
 私だけが知っていて、私だけが覚えていて、私だけが忘れられない、独りよがりのキス。
 それで篤毅は幸せになれるの?
 そう思うと、出来るわけが――
「次は――」
 唇と、唇。
 触れても。
 何も無くて。
 ただただ悲しくて。
 泣いている私を、何故か篤毅は抱きしめていて。
「篤毅……?」
「なっ、あ、あの、な、文月……いきなり、キ、キスとかするのは……いや……嫌とかじゃ、ないんだけどな……」
 ぼろぼろ。
 ぼろぼろとこぼれて、私は何を、
「言った」
 言っているかも分からず、
「篤毅、言った……好きな人がいるって言った。……ぐすっ、言ったもん……寺澤さんみたいな美人だって言った……」
 ただただもう、涙と言葉が溢れるがまま。
「お前……あれ聞いてたのか……。あのな、あれは何て言うか、流れって言うか、認めんのハズくて、適当に言った話で……俺はずっと、お前のことが好きだった……って、感じなんだよ……」
「嘘、嘘だ。篤毅、そんな素振り、全然見せなかった!」
「ふ、普通幼なじみ好きになって、恋愛的に好きになったとかストレートに表現出来ないだろ」
「私から散々アピールしたのに、それでも全部無視したのは?」
「そ、そういう感じでおちょくってんのかな、って。俺がその気になったら、ドッキリでしたー、的な……。お前、そういうのしそうだし」
「バカ、篤毅の、篤毅のバカ……そのせいで私、私……!」
 私は思わず篤毅の胸に顔を埋めて、肩をぽこぽこと叩いていた。
「返せ、私のファーストキス、返して」
 思いっきり睨んでやる。いっそ呪われてしまえ。
「は?」
「こんな状況で仕方なしにするようなキスじゃなかった。もっとちゃんと、ちゃんと、恋人になって、ちゃんとするつもりだった!」
「いや、お前が勝手に!」
「返せ、もう、ちゃんとさせろ!」
 そう言って私は篤毅にキスをした。
 今度はちゃんと、幸せになるために。
 それから、呪いをかけるために。
 私を傷付けるバカな篤毅には、もうならないように、って。

 

 

5/23はキスの日なんですって。

なんでかは知りません。でもキスの日なんですって。

乗っかるつもりは全く無かったんですが、私の作品でキスをテーマに書いたものが見たい、とリクエストをいただいたので書くことにしました。

日頃はバッドエンドが多いですが、今日は機嫌が良かったのでハッピーエンドにしてやりました。