読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

S帯維持出来ずA+落ちし続けた私を救ったのはスシコラ(オクタ)だった

スシコラ(オクタ。以下オクタで統一します。スシコラは嫌いなので!←)舐めてました。

 

こんばんは、半年以上S帯で最悪のキルレを連発し続け、Sに上がったのにA+に落ち、A+で暴れまくってSに戻り、そして殴られ続けA+に落ち、A+で無双してSに帰り、を続けた藤夜アキです。

 

そんな私が、ようやくまともなキルレを取れて(少なくともキルがデスを下回ることはほぼ無し)S帯を維持出来るようになった話。

 

これからまた落ちるかもしれないけれど、多分前よりはよっぽどマシ。そう思えます。ガチマッチが好きになれました。

 

※以下、語調が丁寧じゃないです。

 

オクタは舐めてはいけない。伊達にランク40の証ではない。

 

もちろん、立ち回りは大きく関わっている。

前に突っ込んで死んだり、無意味に裏取りしたり、沼ジャンしたり、ホコやヤグラの無視は論☆外。

それら基本的なガチマッチの勝敗を分ける要素をクリアして、それでも勝てなかった私。

何故なのか。

 

私はオクタを舐めきっていたのだ。

 

何故私がオクタを舐めきっていたのか。

 

キューバンボムは扱いづらいと思っていた

そう、一つ目は正にコレぇ。キューバンボムは起爆までに時間がかかる上、変なところに張り付くし、インクかなり持って行くし。

しかーし。爆発範囲の広さ、キューバンによる死角への設置、スプラッシュボムと違って転がって行かない優秀さ。それらを考慮した時、私はキューバンを極めようと思った。

 

②スパショはともかく無敵が無いのが怖かった

無敵。これすなわち無敵。

バリア、ダイオウ。この二つが無いのが怖くてしょうがなかった。

が、しかし。

不利な状況を打開し得るこの無敵。

逆に言えば、不利になっても大丈夫、という慢心に繋がっていた。

結果として、バリアを使ったのに倒せない、ダイオウを使ったのに逃げられる、バリアやダイオウを発動し切れず死ぬ。

そう、私は無敵が得意ではなかったのだ。

逆に、近接距離で撃つ必要の無いスパショは、遠くから味方を援護したり、ルートが予測出来るホコ持ち、ヤグラ乗りを仕留められ、私に向いていた。

そして何より。近接距離で戦う際の候補スペシャルか、メインか、という悩みが消えたことで、迷いがなくなり、メインでキルを取れるようになった。

 

③メインが4確とかじゃな、と思っていた

当たらないバケツ、ガバエイムブラスター、ポンコツチャージャー、バレるローラー、ブレるスピナー、インク管理の出来ない遠距離シューター。

どれだけキルタイムが早くとも、当てられなければ勝てない。

蓄積ダメージも含めれば3〜4確のオクタで良かった。

 

スシコラは強い。

そう言われ続け、最高峰のブキとして有名。

その理由は、ガチマッチで相手の動きが読めるようになった時、鬼のようにキルが取れる、ただそれだけの理由だった。

 

そして何より、私はブキへの信頼が足りなかったのだ。

オクタを使ったこともあった。しかし負けた。

だが、悪かったのはオクタではない。

オクタ用の立ち回りに切り替えなかった当時の私が悪かったのだ。

オクタ用の立ち回り、それはルールによっても異なるが、攻防の切り替えが非常に重要。

無敵の無いこのブキは、単騎での特攻は出来ない。近接戦闘が苦手な味方をフォローし、有利状況ではスパショで圧力をかけ、敵の動きを制限するためのキューバンを張り、油断した相手をメインで狩る。火力は決して高くはない。射程もそこまで長いわけではない。見極め、撤退する勇気も必要であり、それでいて、強気に攻める勇気も要る。

それを分かった時、オクタは私を勝利に導いてくれた。

 

いかなるブキでも勝てるようになることが、真のS帯であり、夢のS+帯へと挑む権利を有するものなのかもしれない。しかし、一つのブキでまず極めなければ、S帯でさえいられない。

 

ガチマッチ。私は当分はオクタと戦おうと決めた。

夢のS+帯へと挑むべく、オクタを握ろう。