「好きなものだけ詰め込んでやりました。」

好きなことについて好きなペースで書いて行くのさ。

【創作】《詩》Retake

五年といくらか。 思い出せば遠く、目にすれば近い時間。 変わっていないと思えばそれまでで。 変わってしまったと思えばそうかもしれない。 きっと朝な夕なに見ても、朝と夕とでは違う。 花は落ちて、新芽は開いて。 けれど人はそれを同じだと口にする。 だ…

【創作】《詩》梅田トラジェディ

空気に向かって笑う女性、耳からイヤホン。 ああ、通話してるんだろうなって理解して。 都会のオンナノコだな、なんて思った梅田で。 トイレから出てきた老人、左手にガラケー。 えっ、通話してたのかな……って吃驚して。 いつの世も変わらない、そこは街だ、…

創ることをやめたら

創ることをやめたら、きっと私は楽になれる。 美味しいものを食べて、楽しいことをして、知らない所へ出かけて。 創ること以外に全力になれたら、私はきっと幸せになれる。 でも、それが私でないことを、私は誰より知っている。 好きから始まった日々。 これ…

Hydra

「五組の中岡、結崎のこと好きなんだって」 これで、何度目だろう。 あなたから違う〝好き〟を伝えられるの。「そうなんだ」「相変わらずモテモテだな。羨ましいや」 羨ましいの意味、分かってる? 言えない。私はこの人の心に、入り込めない。「でも、好き…

偽愛サーキュレーション

愛のために愛する、そんな悲しい嘘。「愛してる」なんて、もう口に出来ない。 あなたに愛されるために。 私を嫌いにならないために。 全て、私のため。 あなたにしてあげること、全部。 誰より優しい彼女。 誰より冷たい彼女。 言葉は違うのに、意味は同じ。…

たったかたったか

たったかたったか。 あなたは駆ける。 たったかたったか。 小気味よく。 私はそれを追いかける。 必死に必死に追いかける。 だけども距離は縮まらず。 たったかたったか。 離れてく。 いつしかあなたは見えなくて。 置いてかれたよ 私は一人。 真似してみて…